CFDはFXと何が違うのか

今や世界中で多くの人が取引をしていると言うFXですが、近年徐々に普及しつつあるCFDとは何が一体違うのでしょうか。

簡単に言ってしまうとCFDとFXには大差が無い様に思えます。

どちらも「差金決済取引」と言う取引に属するからです。

FXをやっている人、勉強している人ならイメージが付くと思いますが、FXもCFDも実際に有る商品で売買取引をする訳では無いのです。

CFDは株式や業種別指数、商品先物、株価指数等の値動きを見て取引が行われています。

対してFXは世界中の通貨を取引対象とした取引になります。

この2つは証拠金取引またはレバレッジ等が使われて行われていますが、その仕組み自体にあまり違いは無いと言って良いでしょう。

但し取り扱える商品自体がCFDの方が圧倒的に多いと言う事だと思います。

これがCFDとFXの大きな違いと言えるのではないでしょうか。

この事がCFD取引を行う事の楽しみの幅を広げる事に繋がると思います。通貨だけじゃない値動きの動向を見て取引が出来るのは、投資家としては楽しい取引に繋がると思うのです。

こうした事情から、日本では今はFX程浸透していないCFDですが、今後FXと同じ位の成長を遂げるであろうと取り扱い業者の中では思われています。

その為に「ポストFX」とCFDは呼ばれているのです。

世界中では当たり前の様に取引が行われているCFDですが、日本でこれからどう成長して行くのか今後が気になる取引で有ると言えます。

CFDの現在に至るまで

今はCFDと呼ばれている金融商品ですが、その昔は「エクイティスワップ」と呼ばれている金融商品だったそうです。

一般の個人投資家が取引をする金融商品ではなく、機関投資家またはヘッジファンドと言った特定の人だけが取引できる金融商品として誕生したそうです。

その為に、一般の個人投資家には全く浸透していなかった商品だったそうです。

しかし時代は大きく変わりました。その背景にはインターネットの普及が挙げられると言って良いでしょう。

本来は店頭や電話等で主に取引をしていたと思いますが、インターネットによってその取引もオンライン化が主流となりました。

そのおかげか世界中で金融商品は物凄い加速で発展を遂げていく事になります。

それと同時にCFDも特定の投資家から個人投資家が取引を出来る様に変わってきたそうです。

CFDが最初に普及し始めたのは1990年代の頃、イギリスで商品が提供されたのが最初だった様です。

そしてそこからヨーロッパ全域に広がっていき、北米等にも広がっていったと言います。

今では普及率もかなり広がってきているそうですが、アジア圏ではまだまだ普及率が低くてこれから発展されていく商品だと思います。

そうした事情からイギリスやアメリカと言ったCFD先進国はアジア圏でのCFD普及を目指して顧客獲得に躍起になっているそうなのです。

特にアジア圏では先進国の日本に注目が集まっているそうです。

今後どうCFDが日本で成長していくのか楽しみでも有りますよね。

CFD取引て何の事でしょうか?

証拠金取引の種類の1つで「CFD(Contract for Difference)」と言う取引が有ります。

日本語で言うと「差金決済取引」と言われています。株式や商品と言った物理的な原資産で取引を行うのではなく、原資産の取引と同じ様に世界中で行われている金融商品をレバレッジを効かせる事で売買すると言う物になります。もちろん値動きは反映されているのです。

良く分からないと言う方の為に、イメージとしてはFX取引、または先物取引と言う様な感じと言ったら分かりやすいでしょうか。

CFD取引が対象としているのはとても多くの金融商品の値動きで、株式や業種別指数、商品先物、株価指数等が挙げられます。

CFDは最近出来た物では有りません。

昔から有る物らしいのですが元々は機関投資家だけで行われている取引だったそうです。

しかし近年においては世界の主要国にいるCFD業者が、CFDがまだあまり盛んでない日本に入ってきて、顧客獲得に参入していると言う情報が有ります。

だからこそ、近年CFDは金融取引商品として急成長しているのです。

日本で最初にCFDが行われたのはひまわり証券だったそうです

。ひまわり証券自体が色んな新しい金融商品取引を取り入れるのが早い会社で、FX取引も最初に導入したのがひまわり証券だと言われています。

もちろん今は何かと手が出しにくいCFDですが、比較的簡単に始める事が出来やすい取引だと思いますので、今後の動向が注目される事でしょう。

株取引と余剰資金

株取引というと縁遠く感じてしまう方も少なくないのではないのでしょうか。

しかし、株取引は一度仕組みが知ってしまえばとても効率よく資産を増やすことができる物です。

今では定期預金ですら微々たる利息しかつきません。

確かに安全な方法ではありますが、実際に資産を増やすと言うことを考えるのであればやはりもっと積極的な資産管理運用が必要でしょう。

株取引で自己破産をしてしまうような例というのは株のことを知らないままで投資してしまっている人たちです。

株は一攫千金をねらう物ではなく計画的に資産を増やすための物です。

また、株取引に生活費を費やすようなことというのは非常に危険です。

実際、初めて株取引をするのにいきなり成功できると思ったら大間違いです。

株は余裕資金を使って行いましょう。

株取引をすることで得られる利益というのは株を売ったときの差益を得るものです。

つまり安いときに買って高くなったら売る、これの繰り返しです。

単純に言えば安く買って高く売るということです。

これもまた見極めが必要で下落していてこれからあがってくる株を選ぶと言うことが株で成功するためには必要です。

つまり、情報やチャートなどを見て判断を自分で行う必要があるのです。

FXのメリット2

FXをするメリットはいくつもありますが、何より小さな金額で始められることが最大のメリットでしょう。

これは、預け入れたお金を「証拠金」として扱い、それを担保として、証券会社から大きな金額の取引を行う権利を得るというメリットです。

トレイダーズ証券での実際の取引は、売買の損得のみを決済します(差金決済)から、失敗した分の損が、預け入れたお金の範囲内であれば、元手が少なくても大きな取引が出来るのです。

例えば5万円を預けて、100万円の取引を行える状態になる事を、「レバレッジが20倍」と言います。要は「預けた金額の何倍まで取引可能か」という数字。

これは各社さんによってまちまちですが、大体は101日あたりの値動きが2円以上もあるような日は稀です。手数料だけで損をしてしまう可能性が高いのが外貨預金です。

この点で、ならば一般的には1ドルあたり5銭前後の手数料ですから、手数料で損をする可能性が低くなります。

倍から30倍程度でしょう。また、手数料の安さも大きな要素と言えるでしょう。

外貨預金の場合、「仲値」と言われる、その日の朝10時のレートで取引が行われます。

その時、ドルを買うなら仲値にプラス1円の金額となり、ドルを売るなら、仲値からマイナス1円の金額で決済されてしまいます。往復すると2円分の手数料が取られます。

とくに取引が一日に何回も繰り返す場合にはこの差は大きくなるでしょう。

 

 

FXのメリット

FXを副業としてとらえている人には大きなメリットになると思うのがやはり24時間取引です。

これは、会社で働きながら株投資などをした事のある方でしたら、どれほどありがたいか実感できるでしょう。

もし夜の取引ができなければ、会社の上司に睨まれながら仕事中に為替のチェックをしてしまうことになるでしょう。

FXは24時間開いていますので、例えば夜10時に帰宅したとしても、そんな遅い時間でさえ、リアルタイムに好きな時間まで取引が可能です。

また、これは少し専門的なお話になりますが例えばベンチャー企業の株の売買などですと、流通している株の量が少ないですから、少しでも悪いニュースが出ると、売りが殺到して(しかも買い手がいないため)あなたが売り注文を出しても、決済されない事があります。(流動性リスク)

FXの場合は、世界中の投資家が参加者ですから、市場の規模も世界一です。

どんなに状況が急に動いていようと、「注文を出しているのに通らない」という事は起こりません。

安全という意味で考えると、これも大切な理由の一つですね。

もちろん、これは通貨と株式の取引を比較しているので具体的な比較をしていいものではないかも知れませんが、十分にメリットとして認識していいものでしょう。